第一精工(株) 釣具|ギャフ|バッカン|ロッドキーパーの製造など

  • HOME
  • 第一精工 オートキングフレーム について。

第一精工 オートキングフレーム について。


質問者 ひでリンさん 2017.03.03

今、使っているアルファタックル ランディング ギア シャフト ナノ 450(仕舞寸法56㌢)に、第1精巧さんの、オートキングギャフを取り付けたいのですが、どの商品が1番良いのですか? イマイチ解らないので教えて下さい。
もちろん、玉の柄の先端部の中に、ギャフのシャフトが入って取り付け出来ると、考えてよろしいのでしょうか? 何も解らないので、宜しくお願いします。

この質問に回答する場合は、下記のフォームに記入してから投稿ボタンを押して下さい

  • 第一精工より: [2017年03月08日 10:37:29]

    Q&Aスレッドへの投稿ありがとうございます。
    第一精工から回答いたします。

    仕舞寸法56センチの玉の柄でしたら
    オートキングギャフS
    http://www.daiichiseiko.com/2681
    オートキングギャフXS
    http://www.daiichiseiko.com/2695
    がお取り付け可能かと思います。

    玉の柄の中にギャフのソリッドが収納されるとご理解ください。
    いずれも玉の柄の中に収納されるソリッドの長さは52cmです。

    オートキングギャフXSとSの違いは対象のイカの重量に合わせてご検討ください。
    XSは4mm針の6本で、太く曲がりにくいソリッドを使用
    太い針は曲がりにくい(変形しにくい)が掛りは悪く、太いソリッドは1kg以上でないとあまり曲がらない。
    Sは3.3mm針の8本で、細めの曲がりやすいソリッドを使用
    細い針は曲がりやすい(変形しやすい)が掛りは良く、細いソリッドは小型イカでも曲がるのでバラしにくい。
    500gから1.5kg程度ならSで良いと思いますが、それ以上を良く釣られる方にはXSの方が向いていると思います。

    なお、弊社では各社から発売されている玉の柄への弊社オートキングギャフの取付可否に関しては把握いたしかねております。
    あしからずご了承ください。

    今後とも第一精工製品をよろしくお願い申し上げます。

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「この質問に返信する」ボタンを押してください。